画材鞄ができるまで

最終更新: 2019年12月13日


描かれた絵が服装にも合いとても素敵です。

■画材鞄完成までの過程

色彩完成作品

孔雀の羽をモチーフにした北欧テイストな作品。


完成した作品を撮影・デジタル加工をし、シルクスクリーン印刷して鞄へと縫製。

その過程をご紹介します。

■モノクロ

完成作品をモノクロに変更

カラーからそのままモノクロにすると、色が不明瞭になるので、トーンカーブで適切な濃淡に。

■ハーフトーン 70線

網点加工し、シルクスリーン用に。

網点の線数を幾つか製作し調子を確認します。

■80線

■180線

■CFT 13pixel

■CFT 17pixel

■シルクスクリーン

CFT17pixelを麻布に印刷。

色はシンプルに白と黒です。

■完成

■白

麻布のベージュと白。シンプルに美しいです。

■黒

麻布のベージュと黒。

柔らかいベージュに黒で締めています。

今回は画材入れのバッグとして製作です。

素敵な鞄作りをお手伝い出来たことを嬉しく思っております。

本当にお疲れ様でございました。

そしてありがとうございました。

90回の閲覧

最新記事

すべて表示

アートマインド

美しさとは何でしょうか。 美の定義を定める事は不可能ですが、美しいと感じる精神は普遍観念として存在します。 つまり、美しさを求め表現する精神は人の観念として存在します。 これを書くと如何にもですが、テスラのイーロン・マスク、アップルのスティーブ・ジョブズ、アマゾンのジェフベゾス。 一流の経営者が一様に大切にし最も注意している事のひとつ、それは美意識です。 どのようなプロダクト、ユーザーインターフェ

未来なんて無い

極論的な思考や二極化的な短絡的な思考法がメインステージに立つ時代はとっくに終わり、曖昧で微妙なグレーゾーンを繊細に読み取る時代です。 様々な要因が重なって生まれるその時々の事象をじっくり観察し読み解いていく力が必要な時代です。 今までこうであったし、またきっとこうだ。こうなるに違いない。 そう思うのは凝り固まった価値観が、そうであってほしい未来を選択しているだけです。 確定的な未来など、どんな人間

画力の向上

画力の向上 画力は歌唱力や運動能力と同じです。 何度も何度もこなす事で上達します。 そして必ず絶対的に少なからず上達します。 ですが描かないと、努力をしないと絶対的に向上しません。 何だってそうですが、行動しないと結果が出ません。当たり前です。 行動をし、過程を意識し、結果、何が失敗だったのか、何が良かったのかを判断します。 その繰り返しです。 モチーフの選定から始まります。 単体、集合、大きさ、

石川県金沢市小立野4-4-72

  • YouTube
  • Instagram